デスクの引き出しに切手を保管しているなら

切手は郵便局に持ち込むと新しい切手と交換して貰えますよ

机の引き出しの中に普通切手や記念切手、特殊切手が大量にあるけれども使い道が無いと言った場合、切手の買取りを思い浮かべる人は多いかと思われますが、新しい切手は買取り店ではそれほど高く売る事は難しいのです。
特に、切手商などのお店の場合は市場に多い切手の買取りを行っていない所もありますし、切手シートのみを対象にしている事もあります。
尚、切手は郵便局に持ち込む事で、新しい切手と交換して貰う事が出来るため、枚数に応じて切手シートにする事も可能です。
切手シートに交換して貰った後は、買取りレートを比較して買取りして貰うお店を選べば良いと言う事です。
因みに、チケットショップなどでは88%前後の買取りレートで普通切手の買取りを行っているお店があるので、郵便局で普通切手のシートに交換して貰うと言う方法もお勧めです。

台紙貼り切手をご存知でしょうか

記念切手などは郵便局に持ち込む事で普通切手のシートに交換して貰う事が出来ます。
普通切手のシートは52円や82円切手の場合、100枚となるため仮に82円切手の場合は8200円分の切手が必要になります。
しかし、古い時代の切手であり、額面が10円や15円と言った場合には交換するためにはかなりの量が必要になりますよね。
切手買取りを行っているお店の中には台紙1枚に切手を50枚貼りつけて買取りをしている所が多くあり、これを台紙貼り切手と言います。
台紙貼り切手は、同一額面の切手を50枚など指定枚数を貼りつけて売る方法で、額面が50円以上は82%、額面50円以下は78%などの買取りレートで買取りして貰う事が出来ます。
但し、買取りレートはお店により異なるので比較をしておくのがお勧めです。